ペンダーリン ケルト ウイスキー

ペンダーリンウイスキー


スコットランドと同じケルト民族国家でありながら、

ウェールズではこの100年来ウイスキーの生産は一切行われておりませんでした。

そんな現状を打破すべく、1998年にペンダーリン蒸留所は創業しました。

蒸留所の最大の特徴は、世界で唯一の蒸留器にあります。

単式蒸留器と連続式蒸留器が組み合わさったその形は、

デビッド・ファラウェイ博士により「スコットランドにもアイルランドにもないような蒸留器」

として考案されました。

時勢を反映し、低い電力で高い度数の原酒を作り出せるよう工夫されています。

ポットスチルの容量は2,500リットル。

一日に2回8%のウォッシュが注ぎ込まれ、

250リットルのニュースピリッツを2回生産します。

気化したアルコールはそのまま上部に設置されている連続式蒸留コラムに入り、

7枚のプレートを通しスピリットセイフに入っていきます。

この時の度数は92%、その後加水し62.3%で樽詰めされます。

ペンダーリン蒸留所では、この度数をカスクストレングスと設定しています。


ペンダーリン ケルト

2015年にペンダーリン・シリーズに加わった新しいレンジ。

ピートの効いた樽でフィニッシュしたウイスキー。


バニラやオレンジの皮等のニュアンス、そしてピートが効いたマイルドなアロマが楽しめます。


口に含むと最初にコクのある甘さが、その後に少しの苦味が合わさり、程よい余韻を演出します。

全体的にフレッシュでクリーンに仕上がった爽やかなウイスキーです。

ペンダーリン ケルト


♯バーONO

♯お酒500種類

♯カクテル

♯ジャパニーズウイスキー

♯古酒

♯ソムリエ

♯ジン50種類

♯ ラム30種類

♯テキーラ30種類

♯ジビエ

♯仔羊肉

♯熊肉

♯鴨肉

♯グリーンカレー

♯ドイツソーセージ

♯スペイン産生ハム

♯哺乳瓶ブランデー